リスクマネジメント・カーボンナノチューブ関連情報

NNI、2020年度ナノテクノロジー研究開発予算要求の補足資料を公開

2019年9月13日

アメリカ国家ナノテクノロジー戦略(NNI)は、2020年度大統領予算要求の補足資料を公開した。本文書はNNIの年次活動報告及び国防総省のナノテクノロジー投資に関する報告を兼ねている。NNIによると、基礎研究、初期段階の応用研究、将来の革新につながる技術移転などへの14億ドルを超える継続投資が予定され、NNIに参画する11機関によってナノスケールの科学、工学、技術の研究開発が行われる。

NNIへの投資はプログラムコンポーネントエリア(PCA)という区分がなされ、下記のように各PCAに予算が割り当てられている。

  • PCA 1:ナノテクノロジーシグネテャーイニシアチブ(NSIs)及びグランドチャレンジ(GC) - 13%
  • PCA 2:基礎研究 - 39%
  • PCA 3:ナノテクノロジーで可能になる用途、デバイス、システムの開発 - 28%
  • PCA 4:研究施設と設備 - 16%
  • PCA 5:環境・健康・安全(EHS) - 4%

PCA1は5つのNSIs(ナノマニュファクチャリング、ナノエレクトロニクス、知識基盤(NKI)、センサー、水)と、1つのGC(次世代コンピュータ)で構成されている。

PCA 5 では、△ナノマテリアルのEHSへの影響、△データベース整備、標準の取扱手順、ガイダンス文書の開発など、△国際標準化、△安全慣行の情報共有などの取り組みが実施されている。

https://www.nano.gov/2020budgetsupplement