アルミニウム熱伝導複合材料

銅の2倍・アルミ合金の3倍の熱伝導率

私たちが試料を提供している住友精密工業株式会社は、2008年10月にアルミニウム・気相成長炭素繊維(VGCF)・スーパーグロース法カーボンナノチューブ(CNT)で作った熱伝導素材を開発し、2010年にも生産開始・実用化する予定であると発表しました。新素材の熱伝導率は銅の2倍、アルミ合金の3倍以上です。

従来、アルミ合金に高い熱伝導率を持つVGCFをまぜると熱伝導率があがることが確かめられていましたが、その効率は高いとはいえませんでした。VGCFの配向を保ちながら均等に分散させることが難しく、VGCF同士の接触や結合が十分でなかったからです。

今回、粉末冶金法により、アルミニウム粉末と、CNT分散液を塗布したVGCF配向シートを交互に積層・焼結することで、熱伝導率の改善を 達成しました。長いスーパーグロースCNTを用いることで、VGCF同士にネットワークがかけられ、熱伝導が十分行われるようになりまし た。短いCNTでは熱的な結合が十分でなく、高熱伝導率は実現できません。

このAl熱伝導素材は、半導体素子の放熱機器への応用が考えられます。また、軽くて丈夫なので、車や航空機に搭載する放熱機器の小型化・軽量化にも役立つことでしょう。

Al-CNT-VGCF概念図
図1:Al-CNT-VGCF概念図

新材料の特性概説

製法 粉末冶金法により、アルミニウム粉末とCNT・気相成長炭素繊維を交互に積層・焼結
熱伝導性 従来Al合金の3倍以上

この材料に関する詳細のお問い合わせはこちらからお願いします。