カーボンナノチューブの特性と応用

カーボンナノチューブ(CNT)は、

  • 軽量で、引っ張り強度が高く、柔軟性がある
  • 耐食性、耐熱性がある
  • 熱伝導性がよい
  • 高電流密度の良導体である
  • 高移動度の半導体である
  • 比表面積が大きい
  • 高い電界放出特性を示す

などの、優れた物性を兼ね備えており、いろいろな分野での応用が考えられることから「21世紀のダイア」とも言われています。また、合成過程で構造 を制御することにより、用途に合わせて物性をチューニングし、今まで実現され得なかったような用途に役立ててゆける可能性を秘めています。

CNTの機能と用途 ~カーボンナノチューブが支える技術革新~
CNT Properties and application


研究成果を還元するため、スーパーグロース技術による多種多様なCNT材料を提供し、社会に役立つ技術の確立に貢献できることは、我々の喜びであり、ミッションの中核をなす大事な事業でもあります。

スーパーグロース技術はまだ発展の途上にあり、日々、進歩し続けています。そのため、CNTの提供を出発点として、利用依頼者の方々と緻密な相互コミュニケーションを持つことも重要だと考えております。

当グループでは、各方面の企業や学術機関との試料提供契約や共同研究を通じて、サンプルを提供しております。これまでにも多くの成果があり、素晴らしい機能を持つ材料・デバイスが開発され、実用化にむけて動き出しています。