量産のコア技術

スーパーグロース法は、純度が高く、長尺で、比表面積の大きい、高品質な配向単層カーボンナノチューブ(CNT)を非常に高い成長効率で合成できる、量産に適した合成法です。しかし、工業レベルでの大量生産を行い、単層CNTを安価に社会に提供するには、スケールアップと低コスト化のための様々な、困難でもある技術課題の解決が必要です。

スーパーグロース法という技術を社会に還元するため、私たちは、日本ゼオン株式会社と共同で、実用化につながる量産のコア技術を開発しました。

基板の低コスト化と再利用

安価な金属薄基板上に合成し、さらに基板を再利用する技術を開発しました。

ウェットプロセスによる触媒形成法

コストを抑えられるウェットプロセスでの触媒形成に成功しました。

連続合成

化学気相成長(CVD)炉に基板を送り込み、連続的に合成できるシステムを開発しました。

量産コア技術

私たちは近い将来に、かつてない規模、かつてない低価格で単層CNTを市場に提供することを目標としています。

日本で発見されたCNTから、日本発のナノテクノロジー産業を立ち上げるのが我々の目標です。日本で開発されたスーパーグロース法が、基礎的研究をこえて産業と実社会へ結びつく虹の架け橋となることを願って、引き続き研究開発を推進します。