CNT用途チーム

CNT用途チームでは、特にスーパーグロース法で作製した単層カーボンナノチューブ(CNT)の特性を生かした、分散技術及び複合材料やCNTを用いたデバイス形成技術の開発を行ない、CNTの用途展開を通じた実用化を目指しております。

CNT分散体の開発

CNTは粒子状の物質ではなく、長尺・高アスペクト比の繊維状物質なので、他の材料と複合化する際には、CNTが複雑に絡み合った分散体が複合材料の性質に大きな影響を与えることがわかってきています。当研究チームでは、複合化した際にCNTの特性を十分発揮するよう、種々のCNTにおける分散体の開発及びそれら分散体作製技術の開発を行ない、さらには量産化に資する分散体作製技術の開発を行なっています。


CNT分散体の走査電子顕微鏡画像

カーボンナノチューブゴム・樹脂複合材料の開発

CNT分散体をゴムや樹脂と複合化すると、革新的な機能を持つ材料の創製が可能です。当研究チームでは、CNT分散体をゴム等と複合化することで、ゴムの性質を維持したまま導電性だけを付与したり、既存のゴムに比べて耐熱性を向上させたり、金属並みに熱伝導性を有したり、今まで不可能だった精緻な表面形状を付与したりするゴム複合材料の開発に成功しており、実用化に資する量産化技術の開発を行なっております。さらに、CNTを樹脂と複合化し、ゴム同様導電性や耐熱性を向上させた樹脂材料の開発も行っています。これら技術を技術移転し、CNTゴム・樹脂複合材料の応用製品を開発することで、CNTの実用化を目指しています。


CNT・炭素繊維・ゴム複合材料

カーボンナノチューブ銅複合材料の開発

CNTと銅と複合化すると、既存の銅よりも軽量で、100倍電流を流せる革新的な材料を創製できます。当研究チームでは、この材料の量産化及び用途展開のための研究試料提供を目指し、量産化に資する種々の作製方法の検討及び、配線・線材形成技術の開発を行い、この革新的新材料の実用化を目指しております。


CNT銅複合材料(左)

カーボンナノチューブデバイスの開発

当研究チームでは上述した複合材料及びCNTとそれらの微細加工技術等を活用し、曲げても踏んでも動作するFETや、柔らかいキャパシタデバイス等の用途開発、プロセス技術の開発も行なっております。


CNTひずみセンサ