国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ナノチューブ実用化研究センター

ナノチューブ実用化研究センターのミッション

ナノチューブ実用化研究センターは、企業の皆様の抱える課題を幅広にサポートすることで、カーボンナノチューブの実用化を加速し、日本発のカーボンナノチューブ産業の創出を支援することを目指しています。

人材募集

研究に対する高い情熱や意欲を活かすチャンスがここにあります。

ポストドクターの一日

ナノチューブ実用化研究センターに勤務するポスドク(ポストドクター)が、日々どのような研究生活を送っているのかを紹介します。

募集要項

研究チーム

CNT用途チーム

特にスーパーグロース法で作製した単層カーボンナノチューブ(CNT)の特性を生かして、CNTの用途展開を通じた実用化を目指しています。

CNT評価チーム

カーボンナノチューブ(CNT)の生産管理を目的とした、評価法開発をおこなっています。

CNT合成チーム

マイクロエネルギーデバイスから金属複合材料まで幅広い用途に応用されるナノマテリアルの合成技術の研究開発に重点的に取り組んでいます。

研究成果

研究成果ハイライト

カーボンナノチューブを用いた塗料で電磁波遮蔽

-多様な基材に、過酷環境でも使える電磁波遮蔽塗布膜を実現-

高温でも形状を維持できる強靭(きょうじん)で安全性の高いOリングを開発

-カーボンナノチューブとの複合化で耐熱性を向上-
  • 研究成果
  • 論文
  • プレスリリース
  • 受賞
  • 産総研出版物

センターのミッションを支える連携研究

当センターでは、カーボンナノチューブを活用した新しい産業の創出に貢献するために、様々に専門の異なる研究者がセンターの内外で分野の垣根を越えて連携して研究開発に取り組んでいます。

カーボンナノチューブアライアンス

産総研が保持する様々なカーボンナノチューブ関連の技術を民間で十分に活用していただくための新しい取り組みです。産総研のカーボンナノチューブ関連の研究者が協働し、事業者のニーズに応える研究開発、技術営業、広報活動、研究橋渡しを行います。

日本ゼオン・サンアロー・産総研CNT複合材料研究拠点(TACC)

日本ゼオン・サンアロー・産総研CNT複合材料研究拠点(TACC)は、CNTを用いた新しい複合材料を創製するとともに、その性能を最大限に引き出す新しい用途の提案を目指しています。
  • 交通アクセス
  • お問合せ・技術相談
  • 産総研の広報誌「産総研LINK」
  • ナノチューブ実用化研究センター 公式 Facebook
  • ナノチューブ実用化研究センター flickr